« Barling Make 1082 S-M | トップページ | Misc. »

2016/03/19

Lighters

一長一短ありますが、今まで購入したパイプ用のガスライターで特徴のある物を紹介します。

パイプ用ライターは、特にキャラバッシュや火皿の深いパイプだと、ノズルが下を向く事が多く故障しやすいです。

----------------------------------------------------

先輩から頂いたライター3種

----------------------------------------------------

Gfbazt0acaayknp


ーー
二つ目は自分でも意外に使い勝手が良かったの「T字型タンパー付きオイルライター
1_20240130092201 5_20240130092201

パイプの着火したいポイントにピンポイントで着火できる。
しかもオイルライターなので着火温度が低く美味しく据える。

3_20240130092201 4_20240130092201

パイプって着火後にタンピングしたくなるので、そのままタンパーになる点も良い。

軽いので、着火後、空いてるパイプの火皿に入れておける。
弱点は燃料タンクが小さい事と、外では使いにくいくらい。
オイルは常時多めに入れておかないと、芯がすぐになくなります。
個人的に一番オヌヌメのライターです。

動画
https://twitter.com/inapinosuke/status/1741010137576583468


ーー
二つ目は「葉巻・パイプ」「インドア・アウトドア」どちらも使える「2WAYガスライター

1l

トリガーを引くとトップオープンとバーナーライター着火のダブルアクションします。
その後、トリガーを離すと普通の着火になる

1_20240130093701 2_20240130093701

ダブルアクションの操作がけっこう楽しい。

4_20240130093201

ガス残量が見えるのも助かる仕様。

動画
https://twitter.com/pxg03623/status/1751945792074731745

動画(バジリスクが火を噴くバージョンもあります)
https://twitter.com/inapinosuke/status/1752271983839179168


ーー
三つ目は、重量感のある「防風オイルライター

1_20240130094201

ずっしりと重いライターを持つと存在感と満足感がわきます。
たまには重いライターを持ってみましょう。

2_20240130094201

タンク容量が大きくアウトドア向きですね。

3_20240130094201

トップのノッチも少し重いですが、重量感をあるライターを扱うのも楽しみの一つといえます。

動画
https://twitter.com/inapinosuke/status/1751172673441591471



----------------------------------------------------

「ちゃかちゃかカノンCR」

----------------------------------------------------
 
A

 
シリウスで売ってるこれが着火しやすいです。
 
A2

難点は、少し大きい事と、普通のライターよりガスの減りが早い事ですね。
 
B

葉巻を外で吸う方は、これも良いと思うのですがLoL 

 

----------------------------------------------------

「ペンタイプ Xikar Scribe Silver」

----------------------------------------------------

Dsc_0202 

キャラバッシュやボウルの径が広いパイプに着火しやすいライターです。
コンセプトはよいですが、実現するための技術不足なライターです。
携帯に便利なライターを求めていましたが、残念ながら室内用になっています。

Dsc_0203 Dsc_0204_2

 ・長所
  手首が楽な状態で火を完全に下向きにでできる。
  フレイク等、着火に時間のかかるタイプで楽。
  着火部が外れメンテしやすい。
  ガス残量が見える。
  火力コントロールが下部にある

 ・短所
  スイッチ類が全ての硬くて使いにくい。
  タンクが小さく、ガスが注入されにくい。
  ガスコントロールが不安定。ちょっと開くと大火力になりガスを一瞬で失う。
  ガス漏れがある。数日で空っぽ。

 

----------------------------------------------------

「アウトドア用コールマン」

----------------------------------------------------

Dsc_0200 Dsc_0201

アウトドア用ノズル部が伸びるので、ボウルが大きなパイプや深いパイプに便利なライターです。
とても良いライターでしたが、電子ライターの着火部がダメになりました。
安かったので数個買おうかとHPを見たら、販売中止になっていました。残念。

 ・長所
  手首が楽な状態で着火でき、ボールが深いタイプでも再着火が容易。
  ガス残量が見える。
  タンク容量が大きい

 ・短所
  火力コントロールにドライバーが必要
  電子ライター式なので、有効期限がある。

----------------------------------------------------

「アウトドア用ジッポー」

----------------------------------------------------

Dsc_0205 Dsc_0206

上記のコールマンがが買えず、他を探していて出てきたものがこれです。
慣れるのかなり時間を要しましたが、現在の家とベランダでの使用の主力です。
炎はバーナータイプでなく、通常のライタータイプです。

Dsc_0207

 ・長所
  手首が楽な状態で着火できる。
  ボールが深いタイプでも再着火が容易。
  タンク容量が異常に大きい。
  火力コントロールが容易。
  大きいので紛失しない。

 ・短所
  背面のボタンを押しながらスライドスイッチを押すので、指が疲れる。
  ノズルと手が離れているので、着火の慣れに時間を要す。
  大きい・重い。

----------------------------------------------------

「BICミニライター」

----------------------------------------------------

今、外出用に使っているのは、140円のBICミニライターです。

Big

CRも簡単に外せますし、サイズも小さく、燃料持ちも良い。
少し高いですがこの専用チューブ・ホルダーがあると、カラビナ等も付けられて便利です。
(amazonで購入)
 
Img_4075

 

----------------------------------------------------

「火縄タイプ Hempwick」と「卓上ライター」

----------------------------------------------------
 
ガスライターの火は、タバコの味を損ねてしまいます。
マッチやオイルライターのような低温の炎で吸った方が、断然美味しいく味わえます。
麻縄に蜜蝋を浸したヘンプウィックは古代ローマ時代より使われているそうです。

Cd90eqeusaaqhhc

少しベタベタするので、写真のようにクリップで留めています。
スタックシェイプのような深いパイプや、葉巻もなどでもじっくりと着火できてます。

Img_2124 
Uq

パイプのインナーチューブさすと、火種が固定できて便利です。

薄い紙のマッチと合わせて入れておくと、コンパクトに納まるので便利です。
ライターに巻いて置く手もありますが、ロウがべたべたするので、いまいちかな。
 
しかし、家で使うときは着火に両手を使うのが不便です。
昔、応接室によくあった、ボタンが上部にある卓上ライターを探してみました。
   
A8878

重さもあり、これなら火縄を持った状態の同じ手で簡単に着火がでます。
マッチの場合、着火が終わった棒も再着火できます。

Img_2266

こ、これは欲しい(´∀`=)

Img_2736

 

« Barling Make 1082 S-M | トップページ | Misc. »

01.喫煙具関連(メンテ・ツール)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lighters:

« Barling Make 1082 S-M | トップページ | Misc. »

Link

無料ブログはココログ